7月30日(土)樋口一葉記念館にて『親子で楽しむブックトーク、夏!〜樋口一葉ってどんな人?〜』を実施しました。5月8日に「新しいブックトークを考える手順」としてアップしたものの実践です。

一葉の作品を子どもたちに紹介するのはやはり難しく、一葉という女性に興味をもってもらうことを目的としたブックトークにしました。(会場には小学生から70代までがいらっしゃるのでブックトークの説明、目的を伝え、読み聞かせや朗読とは違うこともお伝えしました。)

7歳のころこんな本を読んでいた子どもがいました

本にカバーをかけ、タイトルを伏せ巻末の原文冒頭を読み、紹介。その後、表紙を見せ、漫画やゲームにもなっていることから話をはじめ、滝沢馬琴の長編伝奇(伝記ではなく伝奇)であることなど、南総里見八犬伝を軽く紹介。

現代文で書いてあるので作家名が栗本薫になっていること、地図や用語の解説があること、区内の地名・石浜が地図にあることも紹介。
里見八犬伝 (21世紀版少年少女古典文学館)里見八犬伝 (21世紀版少年少女古典文学館)
著者:栗本 薫
販売元:講談社
(2010-03-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


こちらは話の流れを再構成し、さらに読みやすいので3年生でもOK。
南総里見八犬伝―八人の勇士とふしぎな玉 (はじめてであう日本の古典)南総里見八犬伝―八人の勇士とふしぎな玉 (はじめてであう日本の古典)
販売元:小峰書店
(1998-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


この本を読んでいた7歳の子どもは、今日の主役樋口一葉であることとを告げ、今日のブックトークのタイトルを再確認。

一葉の本名、24歳で夭折したことなどを説明。24歳の若さを感じてもらうために、なでしこジャパン海堀あゆみさん、朝の連続ドラマヒロイン井上真央さんが24歳であることを伝える。一葉の作品名をいくつかあげ、そのほか一葉は日記をたくさん遺していることを話したうえで

皆さんはどんな気持ちのとき、日記を書きますか?と、一葉の短い人生の苦労や頑張りを想像する導入にし、日記の現代語訳を読み解きながら、その他の資料を併せ紹介。

一葉記念館の学芸員さんに御紹介いただいた完訳日記。訳者の余分な思い込みや色が出ることなく、一葉の文体のイメージを大切にしてあり、読みやすい本。私はこの本に出会えたことで、私のなかで一葉が大きく変化し、身近な存在になりました。紹介されなければ出会えないほど小さな出版社の資料です。今回のブックトークでこの本に出合えたことに私は心から幸せを感じています。

7歳のころ読んでいた本のこと、成績が良かったこと、将来を漠然と夢見ていたことを綴ってある部分を読み、会場の一葉記念館の展示物(卒業証書など)も紹介。
完全現代語訳 樋口一葉日記完全現代語訳 樋口一葉日記
著者:高橋 和彦
販売元:アドレエー
(1993-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


日記の母親に学校をやめさせられた部分を読み、当時の女性について考えてみるためにこの本を。
絵本日本女性史〈3〉近代・現代絵本日本女性史〈3〉近代・現代
著者:早川 紀代
販売元:大月書店
(2010-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


日記が萩の舎での成績から始まっていること、それまで知らなかった苦労、初歌会での着物のエピソードなどの部分、竜泉に越してきた日の部分など、いくつか読む

そんな時代の一葉がお札になったワケー一葉の文学史上の意味づけである、女性職業作家(プロ)としての確立と、あわせて著者の森まゆみさんを紹介
こんにちは一葉さん―樋口一葉ってどんな人 (NHKライブラリー)こんにちは一葉さん―樋口一葉ってどんな人 (NHKライブラリー)
著者:森 まゆみ
販売元:日本放送出版協会
(2004-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


一葉の頑張り、奇跡の14ヶ月の話、頭痛の話などをして、一葉が病気になった時、亡くなった時の新聞記事についての解説を読む
明治人のお葬式
著者:此経 啓助
販売元:現代書館
(2001-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


一葉の作品は難しいと言われているが、声に出して読むとそのよさが感じられる
たけくらべ (若い人の絵本)たけくらべ (若い人の絵本)
著者:樋口 一葉
販売元:童心社
(1971-11-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


『八犬伝』同様、現代語訳(円地文子)もある、と紹介したうえで、美登利と真如の微妙な気持ちの部分を文語文と現代文を読み比べ、続きは自分で読んでみてとする
たけくらべ・山椒大夫 (21世紀版少年少女日本文学館)たけくらべ・山椒大夫 (21世紀版少年少女日本文学館)
著者:森 鴎外
販売元:講談社
(2009-02-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


このあと、もっと一葉を知るためにお勧めの伝記、資料、小説など数点を紹介。続きは後日まとめてアップします。