選ぶ・読む・感じる・そして続ける

JPIC読書アドバイザー児玉ひろ美の雑記帖

松岡享子

『わたしのなかの子ども』 シビル・ウェッタシンハ

シビル・ウェッタシンハさん、あまりお馴染みではないお名前かもしれませんが、これらの絵本をご覧になると、おわかりになりますか?
かさどろぼうかさどろぼう
著者:シビル ウェッタシンハ
販売元:徳間書店
(2007-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


きつねのホイティ (世界傑作絵本シリーズ)きつねのホイティ (世界傑作絵本シリーズ)
著者:シビル ウェッタシンハ
販売元:福音館書店
(1994-03-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ねこのくにのおきゃくさま (世界傑作絵本シリーズ)ねこのくにのおきゃくさま (世界傑作絵本シリーズ)
著者:シビル ウェッタシンハ
販売元:福音館書店
(1996-04-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


そう、作品は少ないものの独特の画風と楽しく懐かしい物語展開に、ファンの方もいらっしゃることでしょう。ウェッタシンハさんが6歳まで過ごされたスリランカの都市ゴール郊外にある、村全体が緑の隠れ家のような村、ギントタの思い出を綴った作品です。訳はウェッタシンハさんをだれよりも早く評価し、長い間親交のある松岡享子さん。
幼い頃の価値観は一生続くことを再確認しました。
わたしのなかの子ども (福音館の単行本)わたしのなかの子ども (福音館の単行本)
著者:シビル・ウェッタシンハ
販売元:福音館書店
(2011-02-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

立春

豆まきはしましたか?我が家は歳の数だけ食べる・・・に専念しました。
今日は立春(あっ…48歳だ)。暦の上では春。今日は気温も上がるようですが、まだまだ寒さはこれから!子どもたちは一年中で一番寒い時期と認識しています。読み聞かせに選ぶ本も、子どもの体感温度に合わせて。

絵本ではありませんが、この時期にピッタリの幼年童話。中扉の模様も楽しめます。
物語を読み聞かせ、或いはストーリーテリングするとき、子どもたちには「今度は耳だけで聞くお話ですよ。目を瞑って聴いても良いです」と声をかけます。

くしゃみくしゃみ天のめぐみ (福音館創作童話シリーズ)くしゃみくしゃみ天のめぐみ (福音館創作童話シリーズ)
著者:松岡 享子
販売元:福音館書店
(1968-08-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
訪問者数
  • 累計:

さかのぼって見る
コメント&伝言
記事検索
JPIC

QRコード
QRコード
Amazon Web
  • ライブドアブログ