選ぶ・読む・感じる・そして続ける

JPIC読書アドバイザー児玉ひろ美の雑記帖

図書ボランテイア

絵本のひとり読みって...どうなのでしょう?

「絵本は子どもが一人で読むものではなく近しい大人が声に出して読んであげるものです。子どもは文を耳で聞き。絵を目で読みます」
「良い絵本は文と絵が一体となって過不足なく構成されています」
このことは、もう皆さんがよく御存知のことで、私自身も講座・講演では必ずお伝えしていることです。

絵本の魅力が認知され、10年前とは比べものにならないほど、小学校の図書館でも絵本を積極的に取り入れています。学級通信や図書室のお勧め本リストにも絵本の紹介が増えています。公共図書館の発行するリーフにも絵本の比率が多くなってきています。(これらは司書の力量不足にも一因がありますが...)

子どもがはじめて読む本を考えたとき、一般的に絵本を手わたしがちです。でも、「絵本は読んでもらうことを前提」であれば、ひとり読みには向かないのでは?文を読むだけで精一杯の子どもにとって、絵と文が過不足なく...ではどうなのでしょう?

「ひらがなが分かち書きになっているので、必ず下読みをしてご自分で工夫して(コンプリートして)読んでください」
「文字が絵の邪魔にならない場所に配置されていることが多いので、飛ばさないようにするためには慣れている本でも下読みは欠かせませんね」
「絵巻物をモデルに、横書き、横開きです」
ワークショップでよくお伝えしていますが、ということは…子どもが一人で読むには難しいのでは???絵巻物をモデルにしたのは読みやすさではなく絵の美しさを優先しているということ!

ではどんなものが良いのでしょう?(一人読みに向く、どんな絵本・幼年童話があるのでしょう?)
2ヶ月に一回集まる私的な勉強会で話題になりました。これから時間をかけて取り組む予定です

又ご報告させていただきますが、私自身、子どもと接する現場が少なくなっていますので御協力をお願いすることもあるかもしれません。その節は、皆さまよろしくお願いします

強会は自主的な小さな秘密結社(笑)ですのでお誘いはできませんが、きっかけはこの本のリスト作成をしたことでした。NF(ノンフィクション)を担当しているグループに入れていただいたのです。(ブログでも何回かご報告しているかもしれません)。画像がなくて申し訳ないのですが、子どもと本に関わる方にはお勧めです。

子どもと本をつなぐあなたへ―新・この一冊から
著者:「新・この一冊から」をつくる会
販売元:東京子ども図書館
(2008-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

読み聞かせ はじめの一歩 また一歩 @豊島区子どもの読書に関する講習会

昨日は暦どおりの暖かな立春、チョコレートのポスターを横目に目指すは《あうるすっぽっと》豊島区立中央図書館でした。
歩くこと10分弱の間、歩道のフクロウのタイルが「こっちこっち!」と招いてくれました。
講座はいつもの基礎講座をフルで2時間、約90名の参加でした。豊島区は初めてお伺いする場所なのでやはり緊張しました。で…いつもの「青いコート」大活躍です。

お問い合わせがありましたので作り方の出ている本をアップします。「おはなし」というタイトルですおはなしおばさんの小道具 (シリーズ つくってあそんで)おはなしおばさんの小道具 (シリーズ つくってあそんで)
著者:藤田 浩子
販売元:一声社
(1996-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


絵本だとこんなカンジ

ヨセフのだいじなコート (ほんやくえほん)ヨセフのだいじなコート (ほんやくえほん)
著者:シムズ タバック
販売元:フレーベル館
(2001-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


おじいさんならできる (世界傑作絵本シリーズ―カナダの絵本)おじいさんならできる (世界傑作絵本シリーズ―カナダの絵本)
著者:フィービ ギルマン
販売元:福音館書店
(1998-06-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

立春

豆まきはしましたか?我が家は歳の数だけ食べる・・・に専念しました。
今日は立春(あっ…48歳だ)。暦の上では春。今日は気温も上がるようですが、まだまだ寒さはこれから!子どもたちは一年中で一番寒い時期と認識しています。読み聞かせに選ぶ本も、子どもの体感温度に合わせて。

絵本ではありませんが、この時期にピッタリの幼年童話。中扉の模様も楽しめます。
物語を読み聞かせ、或いはストーリーテリングするとき、子どもたちには「今度は耳だけで聞くお話ですよ。目を瞑って聴いても良いです」と声をかけます。

くしゃみくしゃみ天のめぐみ (福音館創作童話シリーズ)くしゃみくしゃみ天のめぐみ (福音館創作童話シリーズ)
著者:松岡 享子
販売元:福音館書店
(1968-08-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

昔話絵本について

書店等でご覧になっている方も多いと思いますが、数年前より各社から昔話絵本が出ています。小学校の指導要領をはじめ、様々な要因が出版を促しているのですが、到底お勧めできない作品が多いのが事実です。私の仕事の本懐は本と人を繋ぐことで、本を批判することではありません。良い本を紹介してゆけばよいのですが、現在書店で手に入る本はそれらの新しい本がほとんどとを考えると…そうも言ってはいられない。ただ、再話とは、現在の読み手にわかるように再構築するのが再話だーという意見もあります。絵を考えたとき、子どもたちの好きな画家の個性で子どもを引きつけるのも一つの方法ーという意見もあります。新しい作品についてのさまざまな意見に耳を傾けてゆかねばなりません。ただし、ぶれない自分の選書ラインをきちんと考えておくことは必要です

諸処意見はありますが、やはりこれらの本が読みやすく納得し易いと思います。
昔話絵本を考える昔話絵本を考える
著者:松岡 享子
販売元:日本エディタースクール出版部
(2002-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


えほんのせかい こどものせかいえほんのせかい こどものせかい
著者:松岡 享子
販売元:日本エディタースクール出版部
(1987-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


昔話そのものについて知りたいとき
こんにちは、昔話です (小澤俊夫の昔話講座―入門編)こんにちは、昔話です (小澤俊夫の昔話講座―入門編)
著者:小澤 俊夫
販売元:小澤昔ばなし研究所
(2009-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

昔話入門昔話入門
著者:小沢 俊夫
販売元:ぎょうせい
(1997-10-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

昔話の深層昔話の深層
著者:河合 隼雄
販売元:福音館書店
(1977-10-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

児童文学論児童文学論
著者:リリアン H.スミス
販売元:岩波書店
(1964-04-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


昔話絵本から少し難しい本の紹介になってしまいましたが、後半3冊は図書館に必ずある基本書です。チャンスがあったら目次だけでも目を通されると良いですね。
いずれにしても昔話は「むかしむかし…」ですから急いで評価の定まらない新しい本を使う必要はありません。ご自分の納得のゆかれたもを読んであげましょう。迷ったときはロングセラーに頼るのも一案です。
訪問者数
  • 累計:

さかのぼって見る
コメント&伝言
記事検索
JPIC

QRコード
QRコード
Amazon Web
  • ライブドアブログ