選ぶ・読む・感じる・そして続ける

JPIC読書アドバイザー児玉ひろ美の雑記帖

卒業

中学3年生に紹介したい本 

卒業式まで一月足らず、既に最後のブックトークや紹介タイム終了の方も多いことでしょう。
この本は、生徒と信頼関係ができているなかで、ブックトーク或いは紹介で手渡して欲しい本の一冊です。
中学卒業後、早い人は社会人になるのかもしれません。就職にしても進学にしても、それまでとは違い、さまざまな風にさらされることもあるでしょう。時にはもう、投げ出してしまいたいことも…。それでも私たちは歩いてゆかねばなりません。

副タイトルに「世界で8番目のたたかいに勝った男の物語」とありますが、これは過去130年間に世界で7例しか報告がなく、主人公の雄基が世界で8番目の発病者という意味です。
「大量骨溶解」と呼ばれる<未だ正式名称もない>悪性の腫瘍で骨が溶け、最終的には軟組織(骨以外の内臓・筋肉・脂肪)だけが残るという難病です。治療法はなく、医師も経過を見ることしかできません。
高校卒業後の進路に迷っていた雄基は先生から紹介されたワーキングホリデーの制度を利用し海外へ。見るもの聞くものが刺激的な生活のなか、沢山のことを学び、沢山の友人を作りました。まさに青春真っ盛り!
ところが、そんな雄基の身体の中で既に病魔は攻撃を開始ししていたのです・・・・。それは歯槽膿漏のように歯がぐらつくことから始まりました。
ユウキ―世界で8番目のたたかいに勝った男の物語 (シリーズ・未来へのつばさ)ユウキ―世界で8番目のたたかいに勝った男の物語 (シリーズ・未来へのつばさ)
著者:岸川 悦子
販売元:ポプラ社
(2005-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

6年生に読みたい本 その2

卒業する子どもたちの中には読み聞かせは生涯最後になる子もいることでしょう。せっかく続いた習慣が中学生になった途端になくなるのはとても残念です。

日本中の殆どの子どもが知っています。でも、モンゴル平原の広さ、高さ、乾燥を知っているのは高学年以上です、虹のページで歓声をあげるのは圧倒的に高学年の子どもたち、画面以上の大きさを感じることでしょう。
本が大きいので読み手に忍耐力が必要です、湿っぽくならないようテンポ良く。
スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)
著者:大塚 勇三
販売元:福音館書店
(1967-10-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ボブディランを知っている人は私以上の年齢でしょうか…子育て世代には古典かもしれませんがおそらく聞いたことのある曲です。何も説明せずに読んで大丈夫。これだけでも完成された作品です。訳はアーサー・ビナード。
はじまりの日はじまりの日
著者:ボブ・ディラン
販売元:岩崎書店
(2010-02-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


小学校入学時に読んでもらったかもしれません。一番大切なこと、忘れて欲しくないことですね。短い時間で読め、明るい絵本。こんな幼児絵本も少しお茶目で素敵です。
おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)
著者:中川 ひろたか
販売元:童心社
(1999-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


卒業電報に毎年引用します。もちろん、出典も添えてです♪ 充分時間をとって、はっきりと、朗らかに、読んでください。
たいせつなこと (ほんやく絵本)たいせつなこと (ほんやく絵本)
著者:マーガレット・ワイズ ブラウン
販売元:フレーベル館
(2001-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
訪問者数
  • 累計:

さかのぼって見る
コメント&伝言
記事検索
JPIC

QRコード
QRコード
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ