選ぶ・読む・感じる・そして続ける

JPIC読書アドバイザー児玉ひろ美の雑記帖

児童文学

『わたしのなかの子ども』 シビル・ウェッタシンハ

シビル・ウェッタシンハさん、あまりお馴染みではないお名前かもしれませんが、これらの絵本をご覧になると、おわかりになりますか?
かさどろぼうかさどろぼう
著者:シビル ウェッタシンハ
販売元:徳間書店
(2007-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


きつねのホイティ (世界傑作絵本シリーズ)きつねのホイティ (世界傑作絵本シリーズ)
著者:シビル ウェッタシンハ
販売元:福音館書店
(1994-03-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ねこのくにのおきゃくさま (世界傑作絵本シリーズ)ねこのくにのおきゃくさま (世界傑作絵本シリーズ)
著者:シビル ウェッタシンハ
販売元:福音館書店
(1996-04-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


そう、作品は少ないものの独特の画風と楽しく懐かしい物語展開に、ファンの方もいらっしゃることでしょう。ウェッタシンハさんが6歳まで過ごされたスリランカの都市ゴール郊外にある、村全体が緑の隠れ家のような村、ギントタの思い出を綴った作品です。訳はウェッタシンハさんをだれよりも早く評価し、長い間親交のある松岡享子さん。
幼い頃の価値観は一生続くことを再確認しました。
わたしのなかの子ども (福音館の単行本)わたしのなかの子ども (福音館の単行本)
著者:シビル・ウェッタシンハ
販売元:福音館書店
(2011-02-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

☆子ども以上大人未満 『12歳の文学』

児童文学というより内容はヤングアダルトなのでしょう。2006年にスタートした小学生限定・新人公募文学賞の初代受賞作・上位作品が収録されて文庫化されました。子どもと呼ぶには余りにも多感で大人と呼ぶには余りにも無防備な12歳たちです。なんだか痛々しい気もします。

12歳の文学 (小学館文庫)12歳の文学 (小学館文庫)
552

小学館 2009-04-07
売り上げランキング : 60118

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


文庫化以前の作品集も紹介しておきましょう。それぞれの作品集に寄せられた大人のコメントも是非御参考に。
12歳の文学
12歳の文学
小学館 2007-03-30
売り上げランキング : 135526

おすすめ平均 star
star感謝したい。
star全体的に暗い印象が…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


12歳の文学〈第2集〉小学生作家が紡ぐ9つの物語
12歳の文学〈第2集〉小学生作家が紡ぐ9つの物語
小学館 2008-03
売り上げランキング : 53189

おすすめ平均 star
star12歳らしさ…
starプロと同じというのは違うのではないか
star読み終わったあと、ありがとう、と言いたくなる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


12歳の文学 第三集
12歳の文学 第三集
小学館 2009-03-18
売り上げランキング : 141577

おすすめ平均 star
star「十二歳」の功罪を考えるべきか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆『夢の彼方への旅』 エヴァ・イボットソン 著

久々に引き込まれました。良くでき過ぎたお話…という感もありますが、ストーリ構成の巧みさで読ませられます。イボットソンの意外な一面の作品でした。
両親を亡くしたマイアは縁戚を頼ってイギリスから一人ブラジルのアマゾンに渡ります。寄宿学校のクラスメイトは気の毒そうに見送りますがマイアは図書室で調べた命あふれるアマゾンに憧れていました。ところが…。
夢の彼方への旅夢の彼方への旅
三辺 律子

偕成社 2008-06
売り上げランキング : 355057
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆障害を考える本『わたしのかあさん』菊地澄子

数日前の朝日新聞の天声人語で紹介された本。
養護学校で知り合い家庭を持った夫婦の子ども高子は両親について高卒であることしか知りません。ところが、4年生になった高子は成長に伴い母のすることにイラつきを感じ始めます。引き算と割り算の区別がつかない母、学校のプリントに振り仮名を求める母、生活費を日めくりの後ろに封筒で2千円ずつ割り当て貼り付ける母…。
母の恩師田辺先生の言葉が印象的です「人間のかしこさっていうのは、その人が持っている力を、どう生かしているかっていうことが問題なのよ
わたしの母さんわたしの母さん
菊地 澄子

北水 2006-05
売り上げランキング : 10017
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


障害を持つお子さんのお母さんが「本当にそのとおりで良く書けています」と仰いました。
LD(学習障害)の子どもたち (子どものためのバリアフリーブック―障害を知る本)LD(学習障害)の子どもたち (子どものためのバリアフリーブック―障害を知る本)
稲沢 潤子 上野 一彦

大月書店 1998-11
売り上げランキング : 176811

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

LDと知的なおくれは違います。いっしょだと勘違いされがちですが…
知的なおくれのある子どもたち (子どものためのバリアフリーブック―障害を知る本)知的なおくれのある子どもたち (子どものためのバリアフリーブック―障害を知る本)
稲沢 潤子 清水 貞夫

大月書店 1998-12
売り上げランキング : 181561

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆子ども読書活動推進フォーラム@はまぎんホール(神奈川県庁主催)

10月27日(土) 季節外れの台風でしたが基調講演は中川李枝子先生ですから悪天候にもなんのその!キャンセルの方は極々僅か。お蔭様で私たちのパネル討論会も無事終了。ご来場くださった皆さんありがとうございました。壇上からも皆さんが頷いてくださったお顔がよく見え、(最初はあがってしまいましたが中盤からは)安心してお話ができました。重ねて感謝申し上げます。ありがとうございます。

先生の事前発表のテーマは『たくさんのおともだち』。これは中勘助氏の「おともだち」の言葉の真似で、「少し気取っちゃいました。本当のテーマは『私を鍛えてくれた子どもたち』です」と仰っていました。先生は1935年生まれ。戦後GHQの学制によってできた学校図書館で岩波少年文庫に出会いました。それらの作品で初めて「人格を認められた」気持ちがし、「自分を見つめ、自分を偽らない誠実さ」を児童文学に見たそうです。そして、そこ(作品)には「本物の躾をする大人」がいたのです。

先生のお話に出てきた作品を挙げていきます。ご紹介するのは全て新版です。よい本はやはり読み続けられ、出版し続けられているのですね。改めて実感。

ふたりのロッテ (岩波少年文庫)
ふたりのロッテ (岩波少年文庫)エーリヒ ケストナー Erich K¨astner 池田 香代子

おすすめ平均
stars池田訳と高橋訳を読み比べても楽しい
stars双子の思いが込められた本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


宝島 (岩波少年文庫)
宝島 (岩波少年文庫)スティーヴンスン Robert Louis Stevenson 海保 真夫

おすすめ平均
stars素晴らしい翻訳
stars名訳!!
starsなつかしさ
stars悪役の魅力全開!
starsさあ、冒険だ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クリスマス・キャロル (岩波少年文庫)
クリスマス・キャロル (岩波少年文庫)チャールズ ディケンズ Charles Dickens 脇 明子

おすすめ平均
starsディケンズに世界的名声を与えた古典は一読の価値あり
starsイギリスの生活風景も楽しめる
starsケチな商人
starsつらいことは忘れよう
stars天才作家ディケンズ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小さい牛追い (改版)小さい牛追い (改版)
マリー・ハムズン 石井 桃子

岩波書店 2005-10-14
売り上げランキング : 336021

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ハイジ (上)ハイジ (上)
ヨハンナ・シュピリ 上田 真而子

岩波書店 2003-04
売り上げランキング : 196358
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一円も無駄にできない保育のなかで先生が選んだ子どもたちが夢中になった絵本はやはりこれ!(ご紹介するのは新版です)
ちびくろ・さんぼちびくろ・さんぼ
ヘレン・バンナーマン フランク・ドビアス 光吉 夏弥

瑞雲舎 2005-04-15
売り上げランキング : 3873
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ちびくろ・さんぼ2ちびくろ・さんぼ2
ヘレン・バンナーマン 岡部 冬彦 光吉 夏弥

瑞雲舎 2005-09-10
売り上げランキング : 53129
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先生の理想の保育園(幼稚園)のモデルはドリトル先生でした。園長はもちろんドリトル先生。保育主任は誰だと思います?
ドリトル先生の動物園ドリトル先生の動物園
ヒュー・ロフティング 井伏 鱒二

岩波書店 2000-06
売り上げランキング : 151614
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆ルーマー・ゴッデン 

昨日に続きゴッデンのヤングアダルトをご紹介します

自伝的小説。周囲が考えるほど子どもはなく、自分で思うほど大人でもない…そんな年頃のアンバランスな少女の気持ちがよく描かれています
すももの夏すももの夏
ルーマー ゴッデン Rumer Godden 野口 絵美

徳間書店 1999-03
売り上げランキング : 85976
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆『人形』が主人公の新刊読み物2点  

ある日突然公園に捨てられた五体の人形。それぞれ生まれも素材も性格も、全く違う五人。自分たちの状況が理解できぬまま…。邦訳は村上利佳氏。五体の人形の個性が際だって、声に出して読むにも適した細やかな気遣いの訳です。
気むずかしやの伯爵夫人―公園の小さななかまたち気むずかしやの伯爵夫人―公園の小さななかまたち
サリー・ガードナー 村上 利佳

偕成社 2007-05
売り上げランキング : 263765

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ルーマー・ゴッデンといえば小さな世界を描く天才ですね。
帰ってきた船乗り人形帰ってきた船乗り人形
ルーマー・ゴッデン たかお ゆうこ おびか ゆうこ

徳間書店 2007-04
売り上げランキング : 367704

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ゴッデンの作品を三点ほどご紹介します

人形の家
人形の家ルーマー ゴッデン Rumer Godden 瀬田 貞二

おすすめ平均
starsけっこう深いわ
stars小さい人にもそれ以外の人にも、女性にもそれ以外の人にも
starsあまりに人間的な人形たち
starsハードカバーで欲しい本
starsもう、だいっすき!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ねずみの家ねずみの家
ルーマー ゴッデン Rumer Godden おびか ゆうこ

徳間書店 2001-09
売り上げランキング : 217958

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすのつぼにすんでいたおばあさんおすのつぼにすんでいたおばあさん
ルーマー ゴッデン Rumer Godden 中川 千尋

徳間書店 2001-05
売り上げランキング : 440122
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆キキ、二十歳に!『「魔女の宅急便5』

キキが二十歳になります。かつてキキに夢中だった我が家の娘と少し重なってしまいました。娘の方がプラスα才ですが…(笑)

魔女の宅急便 その5
角野 栄子作
福音館書店 (2007.5)
通常24時間以内に発送します。


4巻では17才でした
魔女の宅急便 その4
角野 栄子作
福音館書店 (2004.3)
通常24時間以内に発送します。


3巻までは文庫化されています

魔女の宅急便 その3
角野 栄子作 / 佐竹 美保画
福音館書店 (2006.10)
通常24時間以内に発送します。


魔女の宅急便 その2
角野 栄子作 / 広野 多珂子画
福音館書店 (2003.6)
通常24時間以内に発送します。


魔女の宅急便
魔女の宅急便
posted with 簡単リンクくん at 2007. 5.26
角野 栄子作 / 林 明子画
福音館書店 (2002.6)
通常24時間以内に発送します。


やはりハードカバーで精読&コレクションの方にはセットも出ているようです
魔女の宅急便 5冊セット

福音館書店 (N/A)
通常24時間以内に発送します。

☆不在のものを求める気持ち

和物ファンタジーってありますか?」午後のカウンターで見慣れない女の子に尋ねられました。「和物?」「うん、日本が舞台で、少し昔っぽいのであまりみんなが知らない本」というリクエスト。好きな作家も作品もないとのことで気軽に楽しめる次の2点を紹介しました。

どちらも昨年の出版ですが、主人公は2点とも一人親家庭。そして勇気の原動力はどちらも不在のものを求める気持ちです。昔話の欠如の法則に近いものがありますね。

主人公は6年生ですが3年生から楽しめます。
うしろの正面
うしろの正面
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.11
小森 香折作 / 佐竹 美保絵
岩崎書店 (2006.9)
通常24時間以内に発送します。


装丁が大人びているのが気に入ったようでした。内容は4年生でも大丈夫。
月の笛
月の笛
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.11
武鹿 悦子作 / 東 逸子絵
小峰書店 (2006.10)
通常24時間以内に発送します。
訪問者数
  • 累計:

さかのぼって見る
コメント&伝言
記事検索
JPIC

QRコード
QRコード
Amazon Web
  • ライブドアブログ