「ごめんなさい! 今までこんな面白いミステリを紹介していなくて」「こんなにも悲しくてでも温かいミステリに出会えて本当に良かった」。本屋さんの手書きPOPが火付け役で4年以上前に刊行された作品が30万部に届く勢いのベストセラーになったそうです。(ハードはすでに購入不可ですが文庫が購入できます)苦手な長編ミステリーですが4時間ノンストップで読んでしまいました。おかげで今夜はこれから徹夜仕事です。

作品のテーマでもある「人の心を殺しても罰せられないのですか?」という問いは妙に後を引き、読後は決して爽快ではありません。でも「読んでよかった」という気持ちは確か。さて、若い人に読んで欲しいような、読ませたくないような…
償い (幻冬舎文庫)償い (幻冬舎文庫)
矢口 敦子

幻冬舎 2003-06
売り上げランキング : 58
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらも気になります
証し (幻冬舎文庫 や 10-2)証し (幻冬舎文庫 や 10-2)
矢口 敦子

幻冬舎 2008-04
売り上げランキング : 718

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

家族の行方 (創元推理文庫)家族の行方 (創元推理文庫)
矢口 敦子

東京創元社 2002-06
売り上げランキング : 8379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools