選ぶ・読む・感じる・そして続ける

JPIC読書アドバイザー児玉ひろ美の雑記帖

佐々木正美

大人のあり方=どのように育ってきたのかーを考える本

今月末に佐々木正美さんの講演会が銀座教文館の主催であります。最初は俵万智さんとの対談の予定でしたが俵さんのご都合で佐々木さんお一人の講演になりました。お二人の対談は楽しみでしたが、佐々木さんのお話をたっぷり伺えるのは、それはそれで楽しみです。そこで『こどもへのまなざし』3巻の再読をはじめました。

前回読んだときは、本を選ぶために子どものことを知りたい、仕事に生かしたい、という気持ちが強かったのでしょう。かなり客観的に読んでいたように思えます。そう、「知識」として読んでいたのだと思います。とっても納得したような印象でした。ところが、今回はなぜか文中の「子ども」が自分に置き換えられてしまうのです。子育てを反省するというより、自分で不足や不安、不満を自覚している部分を手のひらに載せられたような、気持ちです。前回は一気に読めた一冊が何故か、いきつもどりつの読みになり、とっても時間がかかっています。

まだ1巻目
子どもへのまなざし子どもへのまなざし
著者:佐々木 正美
販売元:福音館書店
(1998-07-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

魔法の言葉 俵万智さん×田中和雄氏 <訂正版>

1月末よりナルニア国・教文館には毎週通っている状態ですが、昨日は俵万智さんと童話屋の田中和雄さんの対談でした。
俵さんは20代から好きな女性のおひとりでしたが直接お目にかかれる(といっても、大勢の聴衆の一人として)のは初めてです。第一印象…小さい、カワイイ!確か同学年です。ところが話し出すととってもシャープで威風堂々…といっても偉そうではなく、おなかに良い重りがシッカリある感じです。ますますファン度アップ

朝日新聞連載をまとめたもの。お子さんと絵本の日々です。
かーかん、はあい 子どもと本と私かーかん、はあい 子どもと本と私
著者:俵 万智
販売元:朝日新聞出版
(2008-11-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


かーかん、はあい 子どもと本と私 2かーかん、はあい 子どもと本と私 2
著者:俵 万智
販売元:朝日新聞出版
(2010-01-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


言葉を覚え始めたお子さんが口にした言葉
ちいさな言葉ちいさな言葉
著者:俵 万智
販売元:岩波書店
(2010-04-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


詩の様に改行をいれることを試みたアンソロジー
「子育ては9割大変なんだからこそ、魔法の言葉のように良いことを綴る」そうです。目から鱗の言葉です。たいへんさや辛さを語る…ではないんですね。やはり芯の強い優しい人です。見習おうとお思いました。
生まれてバンザイ生まれてバンザイ
著者:俵 万智
販売元:童話屋
(2010-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

『完 子どもへのまなざし』佐々木正美(福音館)

長い間、医師として現場に関わっていらした佐々木正美さんの『子どもへのまなざし』『続 子どもへのまなざし』に継ぐ、『完 子どもへのまなざし』です。保育園に始まり家庭裁判所まで、親子のいるさまざまな現場での講話などお話の記録の1冊目『こどもへのまなざし』、それに寄せられた疑問質問に応えての2冊目『続…』。そして3冊目『完…』。それまで取り上げていなかった発達障害にも触れます。

子どもへのまなざし子どもへのまなざし
著者:佐々木 正美
販売元:福音館書店
(1998-07-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


続 子どもへのまなざし続 子どもへのまなざし
著者:佐々木 正美
販売元:福音館書店
(2001-02-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


完 子どもへのまなざし (福音館の単行本)完 子どもへのまなざし (福音館の単行本)
著者:佐々木正美
販売元:福音館書店
(2011-01-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


長く行政と幼児教育に関わっていらした方に言われたことがあります。「最近の子育て支援は母親のサポートではなく、いつまでも娘でいるサポートのような気がする」と。…言いえて妙…!
訪問者数
  • 累計:

さかのぼって見る
コメント&伝言
記事検索
JPIC

QRコード
QRコード
Amazon Web
  • ライブドアブログ