選ぶ・読む・感じる・そして続ける

JPIC読書アドバイザー児玉ひろ美の雑記帖

ノンフィクション

コメントで御紹介戴いた本

コメントで御紹介戴いた本2冊アップします

こちらは今中古品が本来の価格を上回っていてお勧めできないのですが…アマゾンのサイトにクリックして入ると表紙が見られます。
パエトーン (あすかコミックス)
著者:山岸 凉子
販売元:角川書店
(1988-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミ
を見る



以下2点「パエトーン」を収録しています
夏の寓話 (山岸凉子スペシャルセレクション 6)夏の寓話 (山岸凉子スペシャルセレクション 6)
著者:山岸 凉子
販売元:潮出版社
(2010-05-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ブルー・ロージス―自選作品集 (文春文庫―ビジュアル版)ブルー・ロージス―自選作品集 (文春文庫―ビジュアル版)
著者:山岸 凉子
販売元:文藝春秋
(1999-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



広瀬隆さんは現在、増刷がまにあわない勢いだとか…
チェルノブイリの少年たち (新潮文庫)
著者:広瀬 隆
販売元:新潮社
(1990-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

世界を知る『世界史読書案内』津野田興一

海外の作品を呼んでいて「世界史をきちんと勉強しておけば…」と思うことが良くあります。そう思う本は反面、世界史を勉強している時、その時代を知る手がかりとして最適だったのです。

津野田さんが実際意世界史の授業の際、毎回高校生に勧めていた本をまとめたもの。なんだか世界史を勉強したくなります。ご家庭でさりげなく、こんな本があると良いですね。
世界史読書案内 (岩波ジュニア新書)世界史読書案内 (岩波ジュニア新書)
著者:津野田 興一
販売元:岩波書店
(2010-05-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

中学3年生に紹介したい本 

卒業式まで一月足らず、既に最後のブックトークや紹介タイム終了の方も多いことでしょう。
この本は、生徒と信頼関係ができているなかで、ブックトーク或いは紹介で手渡して欲しい本の一冊です。
中学卒業後、早い人は社会人になるのかもしれません。就職にしても進学にしても、それまでとは違い、さまざまな風にさらされることもあるでしょう。時にはもう、投げ出してしまいたいことも…。それでも私たちは歩いてゆかねばなりません。

副タイトルに「世界で8番目のたたかいに勝った男の物語」とありますが、これは過去130年間に世界で7例しか報告がなく、主人公の雄基が世界で8番目の発病者という意味です。
「大量骨溶解」と呼ばれる<未だ正式名称もない>悪性の腫瘍で骨が溶け、最終的には軟組織(骨以外の内臓・筋肉・脂肪)だけが残るという難病です。治療法はなく、医師も経過を見ることしかできません。
高校卒業後の進路に迷っていた雄基は先生から紹介されたワーキングホリデーの制度を利用し海外へ。見るもの聞くものが刺激的な生活のなか、沢山のことを学び、沢山の友人を作りました。まさに青春真っ盛り!
ところが、そんな雄基の身体の中で既に病魔は攻撃を開始ししていたのです・・・・。それは歯槽膿漏のように歯がぐらつくことから始まりました。
ユウキ―世界で8番目のたたかいに勝った男の物語 (シリーズ・未来へのつばさ)ユウキ―世界で8番目のたたかいに勝った男の物語 (シリーズ・未来へのつばさ)
著者:岸川 悦子
販売元:ポプラ社
(2005-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

パンダの本 《まだ寝てる、もう寝てる 差し替え版》

「まだねてる もうねてるでも 8000万なり」
だれのことだかおわかりになりましたか?そう、パンダさま…8000万は中国へ支払う絶滅危惧救済の補助金です。2頭の餌代、人件費その他諸々で年間約1億円!地元民としては複雑な心境で見ていました。
ちなみに、御存知ですか図書館委託会社のスタッフの時給、800円台が多いそうです。それでも図書館で働きたい気持ちの若い人の志を逆手に取って利用しているとしか言えません!

つい愚痴のようになってしまいましたが、それでもパンダは可愛いく不思議の魅了溢れる動物です。

パンダの日中共同研究チームの山本先生の著作。生物の手の構造と働きの関係から、パンダの指の数の不思議について。
パンダの手には、かくされたひみつがあった! (動物ふしぎ発見)パンダの手には、かくされたひみつがあった! (動物ふしぎ発見)
著者:山本 省三
販売元:くもん出版
(2007-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


こちらはここでも講座でも何回もご紹介していますが今でもお気に入りに一冊です。巻末にある豆知識を利用してクイズ形式のブックトーク導入も。
10ぱんだ (科学シリーズ)10ぱんだ (科学シリーズ)
著者:岩合 日出子
販売元:福音館書店
(2007-05-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


参加型絵本2冊。初対面の関係でも楽しめます。

なーんだなんだ (あかちゃんの絵本)なーんだなんだ (あかちゃんの絵本)
著者:カズコ・G. ストーン
販売元:童心社
(2004-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


パンダがナンダパンダがナンダ
著者:あべ はじめ
販売元:くもん出版
(2009-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



同タイトルで2冊。

ころころパンダ (講談社の幼児えほん)ころころパンダ (講談社の幼児えほん)
著者:いりやま さとし
販売元:講談社
(2008-06-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ころころパンダ (おおきなかがく)ころころパンダ (おおきなかがく)
著者:内山 晟
販売元:ひさかたチャイルド
(2011-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


何見ているの?の視線の先には絶滅危惧動物が続きます。高学年でも活躍。
パンダくんパンダくんなにみているの?パンダくんパンダくんなにみているの?
著者:ビル・マーチン
販売元:偕成社
(2004-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


中国のゆかいな絵本。邦訳は10年前です。
やんちゃなサルとしずかなパンダ (児童図書館・絵本の部屋)やんちゃなサルとしずかなパンダ (児童図書館・絵本の部屋)
著者:アントニア バーバー
販売元:評論社
(2001-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


このシリーズは売れていますね。大きさの割に安いのでお薦めしやすいです。
原寸大どうぶつ館 (小学館の図鑑NEO 本物の大きさ絵本)原寸大どうぶつ館 (小学館の図鑑NEO 本物の大きさ絵本)
著者:前川 貴行
販売元:小学館
(2008-07-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

『わたしのなかの子ども』 シビル・ウェッタシンハ

シビル・ウェッタシンハさん、あまりお馴染みではないお名前かもしれませんが、これらの絵本をご覧になると、おわかりになりますか?
かさどろぼうかさどろぼう
著者:シビル ウェッタシンハ
販売元:徳間書店
(2007-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


きつねのホイティ (世界傑作絵本シリーズ)きつねのホイティ (世界傑作絵本シリーズ)
著者:シビル ウェッタシンハ
販売元:福音館書店
(1994-03-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ねこのくにのおきゃくさま (世界傑作絵本シリーズ)ねこのくにのおきゃくさま (世界傑作絵本シリーズ)
著者:シビル ウェッタシンハ
販売元:福音館書店
(1996-04-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


そう、作品は少ないものの独特の画風と楽しく懐かしい物語展開に、ファンの方もいらっしゃることでしょう。ウェッタシンハさんが6歳まで過ごされたスリランカの都市ゴール郊外にある、村全体が緑の隠れ家のような村、ギントタの思い出を綴った作品です。訳はウェッタシンハさんをだれよりも早く評価し、長い間親交のある松岡享子さん。
幼い頃の価値観は一生続くことを再確認しました。
わたしのなかの子ども (福音館の単行本)わたしのなかの子ども (福音館の単行本)
著者:シビル・ウェッタシンハ
販売元:福音館書店
(2011-02-16)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

雪の日のカウンターにて

昨日は東京も雪となりました。
金魚鉢のような子ども図書室の窓から雪を眺めてのカウンターでしたが、子どもの来館も少なく、会話を楽しむこともできました。久しぶりに子ども図書室のカウンターらしいカウンターでした。
貸し出す本の点検をする。返却本の点検をする。そんなことで、カウンターを挟んで利用者と職員の立場で緊張関係が少なからず生まれる。
「この本、やっぱり難しかった?」「背が伸びたねぇ」「きょうはひとり?」「おかあさん元気?」などなど表情を読み取り声をかけるよう心がけてはいますが、私がカウンターにつくのは月に2回程度。委託化が進み、新しい職員が育つ余裕はありません。若い人は若い人の信じるところで仕事をしているとは思いますが、「検索は自分でやってみよう」「何かない?では本は探せません」「予約はネットが便利です」「本の場所はPCで調べればわかります」…
子どもとの間に信頼感や「図書館が好き」という気持ちを育てない限りは「利用者教育」なんてできるはずはありません。
雪景色から愚痴になってしまいましたが…

カウンターで、雪なのによく来たね。持ってきた本も冷たいし!と声をかけながら返却本に手を当てました(その子、T君は5年生なので、冷たいねなどと手を握ったりしたら嫌われます…小さいころはよくそうしていたのですが!)。するとT君が「雪もっと降っているところ凄いよ。道路にさ…」とテレビ見た除雪作業を話してくれ、ふたりで「雪国で暮らすのは大変だ」という結論に。その間久々に話ができたT君に前から紹介したかった本の在庫確認のため手は検索キーをたたいていました。

「ところで、日本人の中で、一番寒いところにいる人、知ってる?紹介しようか??」と棚に移動しつつ、本を取り出し、わざと逆さまに見せました。なぜでしょう?表紙よーく見てください。そう、表紙のの大島さん、逆さまから見ても顔が成立するほど円満な丸顔。T君は大爆笑のあと、「きっとこの人は良い人だ」とコメント。そのまま2時間弱、館内で読み終え、塾に出かけました(祝日も塾あるんですね)。
地球最北に生きる日本人―イヌイット大島育雄との旅地球最北に生きる日本人―イヌイット大島育雄との旅
著者:武田 剛
販売元:フレーベル館
(2009-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


T君幼い頃からの図書館常連さん、いつの間にか一人で来るようになりましたが会えたのは久しぶり。今日、本を逆さまに手渡したのは、彼が下の本の大ファンで、マイブックもあるのに館で毎回検索をさせ、棚にあるかどうか、貸し出し中か、確認をしていた短い時期があるのです。もっとも、冒険やドキュメンタリー、自然好きなのも知っていましたが。

ご記憶と違う印象の方もいるかもしれません、新風社のあと、2008年サンマーク出版からの復刊です
まさかさかさままさかさかさま
著者:伊藤 文人
販売元:サンマーク出版
(2008-06-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


これを紹介して遊んだこともありました
まさかさかさま動物回文集まさかさかさま動物回文集
著者:石津 ちひろ
販売元:河出書房新社
(2007-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

考古学のおもしろさ『チンギスハンの墓はどこだ?』

考古学と聞くと何を想像しますか?古墳やピラミッド、城跡、住居跡、土器や貝塚など地面の下から現れる世界の研究でしょうか?私もそんな風に思っていました。違うんですね。

『チンギス・カンー”蒼き狼”の実像』で知られる著者の白石典之さんは新潟大学の教授で、モンゴル考古学の専門家。モンゴル国大統領表彰を受賞しています。
 白石さんによれば、「考古学とは、昔の人間の生活を《モノ》から明らかにする学問」とのこと。キーワードは「昔」「人間の生活」「モノ」の3つ。モノとわざわざカタカナにするのも意味があるのですが…詳しくはお読みなっていただくのが一番です(笑)。大きな驚きはないのですが、ひとうひとつが丁寧で、納得しながら読め、達成感があります。

チンギス・ハンの墓はどこだ?チンギス・ハンの墓はどこだ?
著者:白石 典之
販売元:くもん出版
(2011-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


チンギス・カン―“蒼き狼”の実像 (中公新書)チンギス・カン―“蒼き狼”の実像 (中公新書)
著者:白石 典之
販売元:中央公論新社
(2006-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

☆読める…ということ

文盲という言葉を久しく聞かなくなった日本で珍しい絵本です。モデルの吉田一子さんの通った識字教室のおはなし。読める嬉しさ、書ける嬉しさが伝わります。
ひらがなにっき (エルくらぶ)ひらがなにっき (エルくらぶ)

解放出版社 2008-09-20
売り上げランキング : 377074

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何かを知る楽しさでしたらジョディに勝る書き手はありません。たくさんの邦訳がありすまが、読み比べた結果、これが一押しです。
対象は中学生以上をお勧めします。
あしながおじさん (福音館文庫)あしながおじさん (福音館文庫)
Jean Webster

福音館書店 2004-06
売り上げランキング : 73195
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆背中を押していただきました 

忙しい…というより家事能力のなさなのでしょう。日中の活動(仕事)と家事で“きりきり舞い”というより“てんてこ舞い”です。今までにない低空飛行中ですが読んだことで背中を押して頂いたような気がします。

『めっきらもっきらどおんどん』の長谷川摂子さんの言葉についてのエッセイです。知り合いの編集者から勧められて読みました。母語に対する凛とした長谷川さんの姿勢が伺えます。図書館で借りて読んでいたのですが“自分の本”で読みたくなって途中で購入しました。
とんぼの目玉―言の葉紀行とんぼの目玉―言の葉紀行
長谷川 摂子

未来社 2008-11-01
売り上げランキング : 124097

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


真珠湾攻撃に始まった日系アメリカ人の強制収容。不自由な境遇におかれた日系の子どもたちに対し、アメリカ人司書ブリートが支援を続けてくれたというノンフィクションです。大人として果たすべき仕事は時代を越えてその真意は同じだと思います。
親愛なるブリードさま―強制収容された日系二世とアメリカ人図書館司書の物語親愛なるブリードさま―強制収容された日系二世とアメリカ人図書館司書の物語
Joanne Oppenheim 今村 亮

柏書房 2008-06
売り上げランキング : 199050

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆アフガニスタンの本 

いつも嬉しいコメントを下さるぽよよさんから「アフガニスタンの本を」とメッセージをいただきましたので御紹介します。御存知のものも多いかとお思いますが…

アフガニスタンについて知るためにはこの2冊が一押しです。
子どもたちのアフガニスタン  岩波ブックレット 559 (岩波ブックレット)子どもたちのアフガニスタン 岩波ブックレット 559 (岩波ブックレット)
長倉 洋海

岩波書店 2002-02-06
売り上げランキング : 421160
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アフガニスタン (目で見る世界の国々)アフガニスタン (目で見る世界の国々)
Mary M. Rogers 竹信 悦夫

国土社 2002-02
売り上げランキング : 1120041

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


上記と併せてご覧ください
アフガニスタン 山の学校の子どもたちアフガニスタン 山の学校の子どもたち
長倉 洋海

偕成社 2006-08
売り上げランキング : 126709
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

写真絵本アフガニスタン 勇気と笑顔写真絵本アフガニスタン 勇気と笑顔
内堀 たけし

国土社 2004-02
売り上げランキング : 580571
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


位置を知るには…
えほん北緯36度線えほん北緯36度線
小林 豊

ポプラ社 1999-08
売り上げランキング : 459293
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)せかいいちうつくしいぼくの村 (えほんはともだち)
小林 豊

ポプラ社 1995-12
売り上げランキング : 200249
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


子どもたちは…
あの日のことをかきました―ニューヨークとアフガニスタン 絵でつたえる子どもたちの心 (シリーズ・子どもたちの未来のために)あの日のことをかきました―ニューヨークとアフガニスタン 絵でつたえる子どもたちの心 (シリーズ・子どもたちの未来のために)
エクトル シエラ

講談社 2002-09
売り上げランキング : 478205
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


写真集・アフガンの子供たち写真集・アフガンの子供たち
井沢 雄一郎

第三書館 2002-10
売り上げランキング : 600943
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アフガニスタンから来たモハメッド君のおはなし―モハメッド君をたすけようアフガニスタンから来たモハメッド君のおはなし―モハメッド君をたすけよう
大貫 憲介

つげ書房新社 2002-01
売り上げランキング : 1397622

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ぼくが見てきた戦争と平和ぼくが見てきた戦争と平和
長倉 洋海

バジリコ 2007-05
売り上げランキング : 237544
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大人向きですが…
マスードの戦い (河出文庫)マスードの戦い (河出文庫)
長倉 洋海

河出書房新社 2001-11
売り上げランキング : 25694
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アフガニスタンに限定しませんが、子どもたちは…

きみが微笑む時きみが微笑む時
長倉 洋海

福音館書店 2004-11
売り上げランキング : 262980
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ぼくがラーメンたべてるときぼくがラーメンたべてるとき
長谷川 義史

教育画劇 2007-08
売り上げランキング : 8631
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


☆ノンフィクションの面白さ 『ホタル』未知谷

出版社を変えて復刊された作品です。人に薦められて初めて読みましたが本当に面白い!観察することの楽しさに満ちた本です。環境・水などテーマも広げやすいです。図書館などでしたら旧版の学研版でも見つけられると思います。

しかし、この地味な装丁。誰かが開いて紹介しなければ子どもたち、読まないでしょうね。
ホタルの歌
ホタルの歌原田 一美


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆一枚の写真の背景に息づくもの 『地球動物記』

岩合光昭氏が37年間にわたり撮りためた写真中から250種約900枚を撮影した日に並べてカレンダーにした氏の集大成ともいえる写真集です。一枚の写真の背景にはいったい何枚の写真があるのでしょう?そう思いながらページを繰ると気の遠くなるほどたくさんの動物たちの息遣いが聞こえてきます。岩合氏の写真は動物だけではなく、その動物の暮らす環境まで映し込んでいます。そのおかげで私たちは、人の手の届かぬところにいる動物たちがどんな環境に身をおき、どんな大地でどんなものを食べ、どんなところで身を休め暮らしているのかを垣間見ることができます。北極圏・ロッキー山脈・サバンナ・ガラパゴス諸島・南極大陸。こうしている今もこの地球上のいたるところで風に吹かれ、太陽を浴び、走り、捕食し、命が育まれていることを思い、地球はこんなにも命に満ちているのだと、誇らしささえ感じられます。その一方、人が変化させてしまった環境で危機にさらされている命があることも私たちは知っています。地球の温暖化をはじめとする発展のマイナスの部分を考えるとき、私たちは人間の生活への影響を中心に考えがちです。この写真集をきっかけに、世界の見方が変わるかもしれません。(月間『子どもの未来』2007・12掲載)
地球動物記地球動物記
岩合 光昭

福音館書店 2007-04-05
売り上げランキング : 35833
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
訪問者数
  • 累計:

さかのぼって見る
コメント&伝言
記事検索
JPIC

QRコード
QRコード
Amazon Web
  • ライブドアブログ