選ぶ・読む・感じる・そして続ける

JPIC読書アドバイザー児玉ひろ美の雑記帖

読み聞かせ

乳幼児向けの読み語り講座@足立区 全2回

8月4日(木)&11日(木)足立区立図書館主催「乳幼児向けの読み語り講座」 全2回終了しました。

最近、自治体で統一して「読み語り」を用いるケースが増えてきました。子ども読書推進計画策定の際に決めることが多いようです。

乳幼児向けに特化して2回の時間を用意してくださると、余裕をもってワークショップを取り入れながらできます。ワークショップは思わぬケースの対処、回答、意見などきちんとした対応が必要になったり、時間配分に気を遣ったり、緊張することも多いのですが、私自身が学ばせて頂くことも多く、楽しみな現場です。

今回の講座は2時間を2日間でしたので、最後の約一時間をワークショップに充てました。
6グループ、それぞれに一冊ずつ違う絵本をお渡しして15分ほど、グループ内で読みあった後、各グループごとに印象の違う読み方のお二人を代表にして、それぞれ読んで頂きました。一冊の本のお二人の特徴を比べ、何が違うのか、違いの生まれるわけは何か、乳幼児さんの現場により相応しいのはどちらか、などを感じ、考えて頂きました

使用した本は講座で御紹介した本のなかから、足立区立図書館作成の「あだち絵本ガイド」でも紹介されているものをセレクトして、以下の6冊でした

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)
著者:安西 水丸
販売元:福音館書店
(1987-06-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ととけっこう よがあけた (わらべうたえほん)ととけっこう よがあけた (わらべうたえほん)
著者:こばやし えみこ
販売元:こぐま社
(2005-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))ぴょーん (はじめてのぼうけん (1))
著者:まつおか たつひで
販売元:ポプラ社
(2000-06-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)
著者:松谷 みよ子
販売元:童心社
(1967-04-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


どうぶつのおかあさん (福音館の幼児絵本)どうぶつのおかあさん (福音館の幼児絵本)
著者:小森 厚
販売元:福音館書店
(1981-10-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


くだもの (福音館の幼児絵本)くだもの (福音館の幼児絵本)
著者:平山 和子
販売元:福音館書店
(1981-10-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



そのなかで実感、話し合ったこと

乳幼児向けの絵本は小さいので自分の身体の真ん中に置いて読む方が多いが、どんなに細い方でも大人の身体に本が埋もれる。絵本は体の横で背景の視野をスッキリさせて読むほうが見やすい

乳幼児さんへの読み聞かせは会話の延長として、反応を大切に受けとめながら、場合によっては言葉を添えて読むケースが多いが、そのときの状況(その状況をしっかり見極める必要もある)によっては、読む繰り返す言葉のリズムの心地よさを楽しませたい

本をしっかり固定させることの大切さ、動きは絵本のなかで感じるものであり、絵本を動かすことは乳幼児さんにとってどうなのか?

選書の難しさ、その対象によって同じ本でも違う読みになる

絵本の意味をわかれせることは目的ではなく、声に出して読み語りかけることで伝えるべき大切なものを忘れては乳幼児さんのお話会は意味がない

などなど、アンケートでもワークショップは「楽しかった」「実感した」と好評でした♪

英語と絵本

春から本格的に小学校での英語教育が始まりました。情けないことに中学・高校と6年間、(大学では他の語学に逃げました)習ったにも関わらず、英語がまったくダメな私は、何もお伝えできないのですが・・・こんな本が出ていますという、情報です。

リード・アラウドとはread aloudのことでread loud(うるさい)と勘違いされそうですが、「英語絵本を、子ども自身が、声に出して豊かな表現で読むこと、その指導法」のことだそうです。
コンセプトはヾ蔽韻豊楽しくA躪臈に 英語を学ばせ、英語好きに育てる ことにあるようで、読み聞かせとは違う点は、子どもが主体となって「かっこいい」「かわいい」英語の絵本を楽しんで読むことにあるようです。

簡潔な解説と実際にread aloud に適した英語絵本100冊を読み方も含め紹介しています。
声に出して読む英語絵本―初めてのリードアラウド声に出して読む英語絵本―初めてのリードアラウド
著者:大島 英美
販売元:中央公論新社
(2011-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


紹介されている100冊目の1冊目は日本では『だめよディビッド』でお馴染みのこれでした。左半分で本の表紙と解説、粗筋、右半分で読み方、声の出し方、気をつける単語が演技指導のように書いてあります。
No, David! (Caldecott Honor Book)No, David! (Caldecott Honor Book)
著者:David Shannon
販売元:Blue Sky Pr
(1998-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


左半分の解説だけ、英語絵本のガイドとして読んでも面白いかもしれませんが、果たしてこの本どうなのか??英語が得意な方感想を、ぜひぜひお聞かせください。やはり私はまったくの門外漢でした

絵本のひとり読みって...どうなのでしょう?

「絵本は子どもが一人で読むものではなく近しい大人が声に出して読んであげるものです。子どもは文を耳で聞き。絵を目で読みます」
「良い絵本は文と絵が一体となって過不足なく構成されています」
このことは、もう皆さんがよく御存知のことで、私自身も講座・講演では必ずお伝えしていることです。

絵本の魅力が認知され、10年前とは比べものにならないほど、小学校の図書館でも絵本を積極的に取り入れています。学級通信や図書室のお勧め本リストにも絵本の紹介が増えています。公共図書館の発行するリーフにも絵本の比率が多くなってきています。(これらは司書の力量不足にも一因がありますが...)

子どもがはじめて読む本を考えたとき、一般的に絵本を手わたしがちです。でも、「絵本は読んでもらうことを前提」であれば、ひとり読みには向かないのでは?文を読むだけで精一杯の子どもにとって、絵と文が過不足なく...ではどうなのでしょう?

「ひらがなが分かち書きになっているので、必ず下読みをしてご自分で工夫して(コンプリートして)読んでください」
「文字が絵の邪魔にならない場所に配置されていることが多いので、飛ばさないようにするためには慣れている本でも下読みは欠かせませんね」
「絵巻物をモデルに、横書き、横開きです」
ワークショップでよくお伝えしていますが、ということは…子どもが一人で読むには難しいのでは???絵巻物をモデルにしたのは読みやすさではなく絵の美しさを優先しているということ!

ではどんなものが良いのでしょう?(一人読みに向く、どんな絵本・幼年童話があるのでしょう?)
2ヶ月に一回集まる私的な勉強会で話題になりました。これから時間をかけて取り組む予定です

又ご報告させていただきますが、私自身、子どもと接する現場が少なくなっていますので御協力をお願いすることもあるかもしれません。その節は、皆さまよろしくお願いします

強会は自主的な小さな秘密結社(笑)ですのでお誘いはできませんが、きっかけはこの本のリスト作成をしたことでした。NF(ノンフィクション)を担当しているグループに入れていただいたのです。(ブログでも何回かご報告しているかもしれません)。画像がなくて申し訳ないのですが、子どもと本に関わる方にはお勧めです。

子どもと本をつなぐあなたへ―新・この一冊から
著者:「新・この一冊から」をつくる会
販売元:東京子ども図書館
(2008-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ブックトーク@袖ヶ浦市立奈良輪小学校 その2(1に追加)

昨日のブックトークに2冊漏れがあり追加します

ブックトークは本の紹介だけではなく、ブックトークそのものにストーリーをもたせてください。シナリオは必須。

昨日はここまでアップしました『アーサー王救出大作戦』
前半のマジシャンのおじさんからの魅力あるプレゼントから話を展開します。
そのつづきです

本の世界で冒険をするお話のあとは…はじまりは図書館です。タイトルを読みながら表紙見せる。ポータブルゴーストって?と、会話をしながらその意味を説明。冒頭を読む
ポータブル・ゴーストポータブル・ゴースト
著者:マーガレット マーヒー
販売元:岩波書店
(2007-06-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


もう一つの図書館は日本。主人公はモモさん、40代、×一、図書館司書、子どもの本としては珍しい設定です。(以外とこのトークに子どもが興味を持ちました)そのモモさんがおばさんの看病で…と裸の王様に出会う経緯を紹介し、その後次々同居人が増えることなど挿し絵をみせつつ話す。
つづきの図書館つづきの図書館
著者:柏葉 幸子
販売元:講談社
(2010-01-15)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


この2冊は少し読み応えがありますが春休みに是非お薦めです。で締めくくりました。
六年生は又改めてご紹介させてください

ブックトーク@袖ヶ浦市立奈良輪小学校

自分の葛藤、そして震災と、些末から甚大な動揺で停滞していました。自分の場所で自分の立場でできることの第一歩、大人の不安を子どもに影響させないこと。まずはしっかり本来業務です。ーと、繰り返しこんなことを書いていること自体、未だ平常心から遠いのでしょうが…。

ご報告が遅くなりましたが3月8日、毎年お邪魔している袖ヶ浦市立奈良輪小学校にて3年生と6年生にブックトークです。読書の奈良輪小として有名ですが子どもにはその自覚無し!何しろ読書はアタリマエのことだからです。頼もしい限りです。

ブックトーク【ようこそ本の世界へ】3年生
本好きですか?奈良輪小の皆さんは本をよく読むことで有名ですね。ご飯より本が好きな人もいるかしら?
表紙の「本の虫」の文字をポストイットで隠して紹介。絵本は見せすぎないように注意。紹介する頁は本読みオリンピックがないかしら?の頁と、大人になってから何をしながらでも本を読む頁、本が家中に溢れる頁くらいで結末も教えない。表紙をみせ、こんな人をなんて言う?で解答を待って表紙のポストイットをはがす。
エリザベスは本の虫エリザベスは本の虫
著者:サラ スチュワート
販売元:アスラン書房
(2003-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


私の家も本が増えて困る話、最近の電子図書の話をして、本はいつ頃からあるのか問いかけて、表紙を見せる。難しすぎないよう注意して紹介。印刷の話は入れる。
本のれきし5000年 (たくさんのふしぎ傑作集)本のれきし5000年 (たくさんのふしぎ傑作集)
著者:辻村 益朗
販売元:福音館書店
(1992-10-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


では実際に本はどのように創られるのでしょう?一冊の本に何人くらいの人が関わるのでしょう?
本は こうして つくられる
著者:松岡 享子
販売元:日本エディタースクール出版部
(1991-07)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

(画像がないのが残念です)

皆さんの図書館のような素晴らしい図書館は少ない。世界ではこんな風にして本を手渡している。
冒頭の地図を説明して幾つか紹介。写っている本に見覚えがある??ことを説明。
図書館ラクダがやってくる―子どもたちに本をとどける世界の活動図書館ラクダがやってくる―子どもたちに本をとどける世界の活動
著者:マーグリート ルアーズ
販売元:さえら書房
(2010-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


本世界に入ってしまう物語を紹介します

読んだ人が多いと思える作品なので、洋書版を見せて、アメリカでも大人気である話をする。映画の一面広告も効果的。知らない子のために少し読む。
恐竜の谷の大冒険  (マジック・ツリーハウス (1))恐竜の谷の大冒険 (マジック・ツリーハウス (1))
著者:メアリー・ポープ オズボーン
販売元:メディアファクトリー
(2002-03-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


三部作であることを忘れずに
アーサー王救出作戦 (タイムワープ三人組 (1))アーサー王救出作戦 (タイムワープ三人組 (1))
著者:ジョン・シェスカ
販売元:岩波書店
(1994-10-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


明日は6年生をご紹介します

『ひなまつりにおひなさまをかざるわけ』行事の由来絵本

図書館のディスプレイに飾る本はなるべく複本(同じ本)のあるものを心がけていますが、どうしても予約が重なり、途中で貸し出しに廻すことがあります。これもその一冊で2月の下旬には下げざるを得ない状態になりました。ストレートなタイトルだけに普段は子どもの本に関心のない方からもお問い合わせが多く寄せられ、なかには「なぜ3月前に引っ込めるのか?季節感を大切にするべきだ」などのお叱りもあり…。

ひなまつりにおひなさまをかざるわけ (行事の由来えほん)ひなまつりにおひなさまをかざるわけ (行事の由来えほん)
著者:瀬尾 七重
販売元:教育画劇
(2001-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

台湾の絵本三点

春一番が吹き抜けた25日、3年前にもお邪魔した品川区立第三日野小学校でボランティアさん向けのスキルアップ講座をしました。終了後、前にも受講してくださった台湾出身の方から「以前はなかったのですが、最近やっと台湾の絵本が出はじめました」と三冊、紹介していただきました。

パラパラ山のおばけ (海外秀作絵本)パラパラ山のおばけ (海外秀作絵本)
著者:ライ マー
販売元:岩崎書店
(2006-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


アティと森のともだち (海外秀作絵本)アティと森のともだち (海外秀作絵本)
著者:イェン シュニュイ
販売元:岩崎書店
(2005-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


島のみみずくトゥトゥウ島のみみずくトゥトゥウ
販売元:童心社
(2006-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

6年生に読みたい本 その2

卒業する子どもたちの中には読み聞かせは生涯最後になる子もいることでしょう。せっかく続いた習慣が中学生になった途端になくなるのはとても残念です。

日本中の殆どの子どもが知っています。でも、モンゴル平原の広さ、高さ、乾燥を知っているのは高学年以上です、虹のページで歓声をあげるのは圧倒的に高学年の子どもたち、画面以上の大きさを感じることでしょう。
本が大きいので読み手に忍耐力が必要です、湿っぽくならないようテンポ良く。
スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)
著者:大塚 勇三
販売元:福音館書店
(1967-10-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ボブディランを知っている人は私以上の年齢でしょうか…子育て世代には古典かもしれませんがおそらく聞いたことのある曲です。何も説明せずに読んで大丈夫。これだけでも完成された作品です。訳はアーサー・ビナード。
はじまりの日はじまりの日
著者:ボブ・ディラン
販売元:岩崎書店
(2010-02-13)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


小学校入学時に読んでもらったかもしれません。一番大切なこと、忘れて欲しくないことですね。短い時間で読め、明るい絵本。こんな幼児絵本も少しお茶目で素敵です。
おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)
著者:中川 ひろたか
販売元:童心社
(1999-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


卒業電報に毎年引用します。もちろん、出典も添えてです♪ 充分時間をとって、はっきりと、朗らかに、読んでください。
たいせつなこと (ほんやく絵本)たいせつなこと (ほんやく絵本)
著者:マーガレット・ワイズ ブラウン
販売元:フレーベル館
(2001-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

6年生に読みたい本 その1

中学受験も終わり、そろそろ≪小学校生活もカウントダウンの6年生≫に読む本のレファレンスが増えています。
皆さん思いはそれぞれ深く、されど本の世界は広すぎて…という感じでしょうか。
個々に関係や状況が違いますから一概には選書ができず、なかなか適切なお手伝いができないのですが、最終的には読んであげたいお子さんの顔が浮かぶご自身が選ぶことが大切です。なにしろ、子どもだけではなく、読み手ご自身にとっても節目の読み聞かせですから。
気をつけていただきたいのは、思いをかぶせすぎないこと。思いが肥大して子どもの顔が見えなくならないよう、どうぞお気をつけ下さい。
小学校最後の読み聞かせが、読み手と聞き手双方に「たのしく幸せなひとときだった」と記憶に残りますように。

朝の10分読書でふたり組み。組む方が濃い本を選んでいる。
自分は4分程度で「中学に行っても元気でね」と伝えたいが…という御希望

短い詩をいくつか読んではいかがでしょう?
皆が好きな詩、よく知っている作家さんの詩、そして読み手の方の好きな詩でゆっくりとした4分でとまとまりました。

日本中の小学生が知っているのはらうた。英語版があります。
「あいたくて、あいたくて、あいたくて」(byたんぽぽはるか) は“Longing longing longing to see you... ”
左右で対訳になっています。こんな本もあると紹介しながら
えいご・のはらうたえいご・のはらうた
著者:くどう なおこ
販売元:童話屋
(2010-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


谷川さんは日本で一番その名を知られています。小学生が知っている詩人ランキング1とのこと(ごめんなさいそのデーターの出展がわかりませんが、聞いた時やっぱりね、と思いました)
すき―谷川俊太郎詩集 (詩の風景)すき―谷川俊太郎詩集 (詩の風景)
著者:谷川 俊太郎
販売元:理論社
(2006-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


このシリーズはとっても良いです。なんて贅沢!なラインナップです。各学年あります。
元気がでる詩6年生 (元気が出る詩の本 (6))元気がでる詩6年生 (元気が出る詩の本 (6))
販売元:理論社
(2002-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

動画チャンネルができました! 

厚生労働省の社会保障審議会児童福祉文化財出版部会審議委員という長い名まえのお役目を頂戴しています。
そこの動画チャンネルができました。厚生労働省の方が実際に各地にカメラ持参で廻り、撮影編集した手作り作品です。お役所の仕事ってスマートで雑用なんてしないのでしょうね、と勝手に思っていましたが、そんなことまったくなし!ご担当のおふたり休日も返上で取材にいらっしゃいました。

私もどこかにいます!
http://www.youtube.com/watch?v=gNr4k-qnvSk

タイガーマスクではないけれど… ランドセルの絵本

毎年感じるのですが、この時期、子どもたちの顔がふと、大人びてくる気がするのです。中学の受験を経験した子どもの様子がメディアに取り上げられたり、高校野球の話題がチラチラしたり…で新しい学年への夢や希望がそうさせるのでしょうか?中でも目立つのは新一年生!ランドセルを買ってもらう喜びが大きく変化させるのでしょうね。そういえば、最近のランドセルの色、人気ナンバー1は水色だとか…

ランドセルが出てくる絵本をアップします。ランドセルがテーマの作品は沢山ありますが、新一年生(年長さん)への読み聞かせにお勧めのものを選びました。

ランドセルがやってきたランドセルがやってきた
著者:中川 ひろたか
販売元:徳間書店
(2009-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


みてよ ぴかぴかランドセル (ランドセルブックス)みてよ ぴかぴかランドセル (ランドセルブックス)
著者:あまんきみこ
販売元:福音館書店
(2011-02-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


カイくんのランドセル (クローバーえほんシリーズ)カイくんのランドセル (クローバーえほんシリーズ)
著者:おかしゅうぞう ふじたひおこ
販売元:佼成出版社
(2011-02-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ランドセルのはるやすみ (とっておきのどうわ)ランドセルのはるやすみ (とっておきのどうわ)
著者:村上 しいこ
販売元:PHP研究所
(2009-02-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ますだくんのランドセル (えほんとなかよし)ますだくんのランドセル (えほんとなかよし)
著者:武田 美穂
販売元:ポプラ社
(1995-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


さくらいろのランドセルさくらいろのランドセル
著者:さえぐさ ひろこ
販売元:教育画劇
(2008-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


ランドセルいっしょけんめい (ママとパパとわたしの本)ランドセルいっしょけんめい (ママとパパとわたしの本)
著者:とよた かずひこ
販売元:ポプラ社
(2004-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

新年度の講座予定 読み聞かせ&ブックトーク

「講座が決まったら教えてください」とお声をかけてくださっている方。詳しい日程・その他はまだ告知前なのでお知らせすることができませんが現時点で確定している講座をお知らせします。主に読み聞かせの講座です。4月に入ったら広報・HP等でそれぞれお知らせされると思います。参加資格に条件があると思いますのでお気をつけ下さい。
・川崎市内 3月に1回
・台東区立図書館 5月<夜間>2回
・豊島区立図書館 5月・6月で5回
・目黒区立図書館 5月・6月で5回
・川崎市大師前プラザ 6月に3回
・秩父くもん(公開)6月・・・私へお問い合わせください

最近問い合わせが多いのはブックトークの講座や現場です。講座でしたら決まり次第お知らせもできますが、現場は学校なのでお知らせしてもお役に立てないことが多くてスミマセン。年度内は3月に平井西小と奈良和小があります。各学校関係者の方でしたら学校にお問い合わせをしていただくのが簡便かもしれませんね。

読書アドバイザーの養成講座でお世話になった高桑先生の著書です。ブックトークは勿論、ストーリーテリングも図書館活用も働く女性としても、もう、総てにおいて私の師です。
現役の司書教諭でいらっしゃるのでこの本はどちらかといえば現場の専門職向けですが御参考に。
学校ブックトーク入門―元気な学校図書館のつくりかた学校ブックトーク入門―元気な学校図書館のつくりかた
著者:高桑 弥須子
販売元:教文館
(2011-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

大人の都合??講座にて

講座会場で、「複数の大人で役割分担を決めて読み聞かせたいのでお勧めの本を」という御質問を戴きました。一瞬躊躇いましたが、少しキツイお返事をしてしまいました。
「それはそれで楽しいでしょうし、その場にあったものであるのかもしれませんが、朗読劇に近いのではないでしょうか?子どもと本をつなぐ読み聞かせとは別物とお考え下さい。役割分担を決めて…というのが、ボランテイアスタッフさん全員の出番を作るためというのであれば、それは大人の都合です。」と。
せっかく皆さんの前で手を上げて質問をしてくださった方、ごめんなさい。でも、もしかしたら迷っていらっしゃるからこそ、あえて聞いてくださった?とも考えました。
言い難いことでもきちんと伝えるのは外部から来た講師の役割のひとつとも考えています。ある自治体の講座でワークショップの際、新人講師が注意しなかったことが原因で「あの時先生はダメとは言わなかった。だからやっても良いでしょ?」となり、グループ内で困った状況になっている相談も受けていますし…。
御質問くださった方、お仲間とよく話し合えると良いですね。

御提案として、この2冊による掛け合いの読み聞かせを御紹介しました。1ページづつ交互に読んでゆくと一緒にお弁当を食べながら会話をしているような状況になります。途中でミートボールとから揚げの交換もあって、楽しいですよ。
ぼくのおべんとうぼくのおべんとう
著者:スギヤマ カナヨ
販売元:アリス館
(2003-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

わたしのおべんとうわたしのおべんとう
著者:スギヤマ カナヨ
販売元:アリス館
(2003-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

読み聞かせ はじめの一歩 また一歩 @豊島区子どもの読書に関する講習会

昨日は暦どおりの暖かな立春、チョコレートのポスターを横目に目指すは《あうるすっぽっと》豊島区立中央図書館でした。
歩くこと10分弱の間、歩道のフクロウのタイルが「こっちこっち!」と招いてくれました。
講座はいつもの基礎講座をフルで2時間、約90名の参加でした。豊島区は初めてお伺いする場所なのでやはり緊張しました。で…いつもの「青いコート」大活躍です。

お問い合わせがありましたので作り方の出ている本をアップします。「おはなし」というタイトルですおはなしおばさんの小道具 (シリーズ つくってあそんで)おはなしおばさんの小道具 (シリーズ つくってあそんで)
著者:藤田 浩子
販売元:一声社
(1996-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


絵本だとこんなカンジ

ヨセフのだいじなコート (ほんやくえほん)ヨセフのだいじなコート (ほんやくえほん)
著者:シムズ タバック
販売元:フレーベル館
(2001-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


おじいさんならできる (世界傑作絵本シリーズ―カナダの絵本)おじいさんならできる (世界傑作絵本シリーズ―カナダの絵本)
著者:フィービ ギルマン
販売元:福音館書店
(1998-06-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

立春

豆まきはしましたか?我が家は歳の数だけ食べる・・・に専念しました。
今日は立春(あっ…48歳だ)。暦の上では春。今日は気温も上がるようですが、まだまだ寒さはこれから!子どもたちは一年中で一番寒い時期と認識しています。読み聞かせに選ぶ本も、子どもの体感温度に合わせて。

絵本ではありませんが、この時期にピッタリの幼年童話。中扉の模様も楽しめます。
物語を読み聞かせ、或いはストーリーテリングするとき、子どもたちには「今度は耳だけで聞くお話ですよ。目を瞑って聴いても良いです」と声をかけます。

くしゃみくしゃみ天のめぐみ (福音館創作童話シリーズ)くしゃみくしゃみ天のめぐみ (福音館創作童話シリーズ)
著者:松岡 享子
販売元:福音館書店
(1968-08-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

『1ねん1くみのいちにち』 川島敏生 アリス館 

29日にご紹介した『一年生 ーある小学教師の記録ー』19955年初版とあわせご覧ください。写真で見る限りでは、祖父母と孫くらいの歳月でこんなに違う!と、総てにおいて驚きがあります。

実際の教室に定点観測カメラを設置して撮影された一年一組の一日です。少し整いすぎている(机とか…)という現場の先生の声もありましたが、子どもの根っこやパワーは同じと思いました。子どもを取り巻く環境が大きく変化しているだけ、なのかもしれませんね。写真にフキダシで子どもの会話(フィクション)がついています。
毎日学校で過ごす子どもたちにとって、目新しくないもない教室の風景はどうだろうか?これは新一年生用かしら?と思っていました。ところが、子どもも自分以外の学校の様子は気になるんですね〜。興味津々、あーでもない、こーでもない、と会話が弾んでいました。やはり子どももトナリノシバフは気になるようです(笑)。読み聞かせOKです。
1ねん1くみの1にち1ねん1くみの1にち
著者:川島 敏生
販売元:アリス館
(2010-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

基本にたちもどって もう一歩 @相模原市立相模大野図書館 ≪加筆≫

数年前からお邪魔している図書館です。もともと大きな市でしたが合併でさらに大きくなったそうです。毎回思うことは程よい世代の参加が多いことです。図書館で把握しているだけでも多くのグループがあることも特筆すべきことですね。
今回の講習では絵本の選び方・読み方等は致しませんでした。読み聞かせの本は現在かなりの数が出版されており、お仲間で活動していっらっしゃるなかで学ぶチャンスが多いと考えたからです。

科学絵本のことについては少しだけお話しました。ご紹介した本の中から一冊。昨年出た絵本の中で、かなり好きな作品。朝の10分読書等、限られた時間など総てを読むことは難しい場合、全体の概要を少しお話して一番伝えたい場所、ご自身が面白いと思われた箇所をゆっくり読み聞かせなさればOK。ただし、必ず全部きちんと読んで、小学生の”容赦のない質問”に備えましょう!
カクレクマノミは大きいほうがお母さん (絵本・海の生きもの)カクレクマノミは大きいほうがお母さん (絵本・海の生きもの)
著者:鈴木 克美
販売元:あかね書房
(2010-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ブックトーク:元気に冬! その2 差し替えの本

昨日のブックトーク(お話会のプログラムとして)を考えたとき、迷って削った本、ついでに思い出した本、があります。それらの本は、いつか使える差し替え候補にと思っています。

『ゆきがふったら』と迷った本。天使の型をつけるところが面白いですね。
ゆきのひ (偕成社の新訳えほん―キーツの絵本)ゆきのひ (偕成社の新訳えほん―キーツの絵本)
著者:エズラ=ジャック=キーツ
販売元:偕成社
(1969-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


こちらは最後の『ヤマネコの毛布』が時間が無かったり、落ち着きが無かったり、で読めそうもない場合に差し替えようと準備していた一冊。ユニークな作品です。
ウィリーのそりのものがたりウィリーのそりのものがたり
著者:ダニイル ハルムス
販売元:セーラー出版
(1996-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



最後2冊と入れ替えれば高学年向きブックトークに
雪の写真家ベントレー雪の写真家ベントレー
著者:ブリッグズ マーティン ジャクリーン
販売元:BL出版
(2000-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


雪の結晶ノート雪の結晶ノート
著者:マーク カッシーノ
販売元:あすなろ書房
(2009-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


雪のひとひら (新潮文庫)雪のひとひら (新潮文庫)
著者:ポール ギャリコ
販売元:新潮社
(2008-11-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


雪は天からの手紙―中谷宇吉郎エッセイ集 (岩波少年文庫)雪は天からの手紙―中谷宇吉郎エッセイ集 (岩波少年文庫)
著者:中谷 宇吉郎
販売元:岩波書店
(2002-06-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


スノーフレーク―雪結晶のふしぎを探るスノーフレーク―雪結晶のふしぎを探る
著者:ケネス・リブレクト
販売元:山と渓谷社
(2010-12-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

実際に作った作品を見せてあげると効果的
雪の模様切り紙―空からの贈り物をつくって、かざる 美しい結晶のかたち128作品を収録雪の模様切り紙―空からの贈り物をつくって、かざる 美しい結晶のかたち128作品を収録
著者:吉浦 亮子
販売元:誠文堂新光社
(2009-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

1月のブックトーク@小学2年生  テーマ:元気に冬! 

昨日は6学年それぞれに年1〜2回づつ入っている区内の小学校でのブックトークでした。2年生は今年度2回目。
この時期の子どもたちは新しい学年に向けて希望が徐々に膨らむのでしょうか?夏前に比べ、なんだか急に大きくなったような気がします。

低学年へのブックトークは基本的にお話会にさせて戴いています。選書や展開をブックトーク風にして、絵本は全部読むようにしますが、時間調整で読まずに紹介だけに切り替える本も決めておきます(低学年のブックトークはこちらが話すより聞くほうが子どもたちの集中力が持続するような気がしますので、予定通りになかなかゆきません)。タイトルは無理につけず『1がつのおはなし会』とし、自分の中でテーマをつけています。

ブックトーク:元気に冬!@小学2年生

寒い日が続きますが東京はまだ雪が降りませんね
「おじいちゃん家は雪あった」「降ると寒いよ」などさまざまな声
雪、降るといいね
ゆきゆき
著者:ユリ シュルヴィッツ
販売元:あすなろ書房
(1998-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


「埋もれちゃうよ」などの反応を聞きながら
雪が降ったらどんな遊びをしたい?「雪合戦!」「スキー」「滑れないよ」「雪だるま」「食べたい」など賑やかな反応
そこで、表紙を見せ、この絵本の中の子どもたちは何をするかな?
ゆきがふったらゆきがふったら
著者:レベッカ ボンド
販売元:偕成社
(2005-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


雪が待ち遠しくなりましたか?でも、雪って楽しいことばかりじゃないですね。ニュースで何か見たことあるかしら?
「屋根の雪が落ちるの」「すべって転んだことある」とか「命に関わることがある!」という発言
「命に関わる」って難しい言葉知ってるのね。そう、雪がたくさん降る地方は今年はたいへんですね。楽しい雪ですが時々「命に関わる事件」が起こります。この本の主人公アイリーンも危うく…。
ゆうかんなアイリーンゆうかんなアイリーン
著者:ウィリアム スタイグ
販売元:セーラー出版
(1988-12)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


「もがくだって!」と絵本の後半で雪に埋もれたアイリーンがもがく場面の真似をはじめる子がひとり。「もがく」の語感が面白いらしく皆で「もがくぅ?」など声があがり楽しんでいるので皆でもがいてみる。一分程度で気が済んだらしく皆大人しくなる。

アイリーンのお母さんは風邪を引いていましたが、クラスのお友だちの中にも風引きさんはいますか?
「いる」「いた」「お父さんが今インフルエンザ!」の声で担任の先生はその子を列から引き出し、マスクを取りに室外へ…一瞬子どもたちがざわついたが慣れてるのかまた直ぐ前を向き始める

こんな卵があったらいいなぁと思いました。
新装版 かぜひきたまご (講談社の創作絵本ベストセレクション)新装版 かぜひきたまご (講談社の創作絵本ベストセレクション)
著者:舟崎 克彦
販売元:講談社
(2001-12-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


「えっ」「あっ」など反応しながら聞いていたが読み終えると「欲しい」「ありえない」など可愛い興奮
便利な卵でしたね。でもこんな卵を持っていない私たちが風邪を引いたらどうしましょうか?
「病院」「おじや」「うどん」「薬飲んで寝る」などいろいろな答え
私はこんな毛布があったらいいなぁと思いました。巻末のポストカード刺繍作品を見せてから読む
ヤマネコ毛布ヤマネコ毛布
著者:山福 朱実
販売元:パロル舎
(2007-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

読み終えた後、再度巻末を見てだれの刺繍かあてる。


今年度2度めということもあり、子どもたちの素直な反応が聞けて楽しいひとときでした。
そうそう、もがく体操、肩こりに効きますよ!

昔話絵本について

書店等でご覧になっている方も多いと思いますが、数年前より各社から昔話絵本が出ています。小学校の指導要領をはじめ、様々な要因が出版を促しているのですが、到底お勧めできない作品が多いのが事実です。私の仕事の本懐は本と人を繋ぐことで、本を批判することではありません。良い本を紹介してゆけばよいのですが、現在書店で手に入る本はそれらの新しい本がほとんどとを考えると…そうも言ってはいられない。ただ、再話とは、現在の読み手にわかるように再構築するのが再話だーという意見もあります。絵を考えたとき、子どもたちの好きな画家の個性で子どもを引きつけるのも一つの方法ーという意見もあります。新しい作品についてのさまざまな意見に耳を傾けてゆかねばなりません。ただし、ぶれない自分の選書ラインをきちんと考えておくことは必要です

諸処意見はありますが、やはりこれらの本が読みやすく納得し易いと思います。
昔話絵本を考える昔話絵本を考える
著者:松岡 享子
販売元:日本エディタースクール出版部
(2002-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


えほんのせかい こどものせかいえほんのせかい こどものせかい
著者:松岡 享子
販売元:日本エディタースクール出版部
(1987-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


昔話そのものについて知りたいとき
こんにちは、昔話です (小澤俊夫の昔話講座―入門編)こんにちは、昔話です (小澤俊夫の昔話講座―入門編)
著者:小澤 俊夫
販売元:小澤昔ばなし研究所
(2009-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

昔話入門昔話入門
著者:小沢 俊夫
販売元:ぎょうせい
(1997-10-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

昔話の深層昔話の深層
著者:河合 隼雄
販売元:福音館書店
(1977-10-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

児童文学論児童文学論
著者:リリアン H.スミス
販売元:岩波書店
(1964-04-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


昔話絵本から少し難しい本の紹介になってしまいましたが、後半3冊は図書館に必ずある基本書です。チャンスがあったら目次だけでも目を通されると良いですね。
いずれにしても昔話は「むかしむかし…」ですから急いで評価の定まらない新しい本を使う必要はありません。ご自分の納得のゆかれたもを読んであげましょう。迷ったときはロングセラーに頼るのも一案です。
訪問者数
  • 累計:

さかのぼって見る
コメント&伝言
記事検索
JPIC

QRコード
QRコード
Amazon Web
  • ライブドアブログ