読み聞かせの選書は季節感を大切になさっていることと思います。カウンターでも「春らしい本を探しています」という問い合わせが始まりました。新学期の準備でしょうか?
時々、外国からいらしたお母さまに「くだものの季節を知りたい」「カレンダーに出ているこの絵(流し雛でした)は何?」「衣替えって、行事なの?」「あなたも毎年この日はこんな風に(お正月料理の本を見て)するの?」など質問をお受けします。習慣や慣わしを伝えることと実践はバランスが難しいですね。

行事・自然・旬の食べもの、遊びなどを柔らかで美しい絵で紹介しています。お雛様のお料理のことお彼岸のお墓参りのこと、卒業式など由来と実際の生活感が程よいバランスで描かれています。俳句の季語もあり、大人が手紙を書く時なども役に立ちそう。今現在1月から5月まで刊行されていますが毎月買うにも負担にならないのが魅力です。入学のお祝いなどに、これから毎月送るのも楽しいですよ。
3月のえほん―季節を知る・遊ぶ・感じる3月のえほん―季節を知る・遊ぶ・感じる
販売元:PHP研究所
(2011-01)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


1月・2月・3月・5月の表紙も素敵です。タイトル部分をクリックしてご覧になってください。

1月のえほん
クチコミを見る


2月のえほん―季節を知る・遊ぶ・感じる
クチコミを見る


4月のえほん―季節を知る・遊ぶ・感じる
クチコミを見る


5月のえほん
クチコミを見る