数年前からお邪魔している図書館です。もともと大きな市でしたが合併でさらに大きくなったそうです。毎回思うことは程よい世代の参加が多いことです。図書館で把握しているだけでも多くのグループがあることも特筆すべきことですね。
今回の講習では絵本の選び方・読み方等は致しませんでした。読み聞かせの本は現在かなりの数が出版されており、お仲間で活動していっらっしゃるなかで学ぶチャンスが多いと考えたからです。

科学絵本のことについては少しだけお話しました。ご紹介した本の中から一冊。昨年出た絵本の中で、かなり好きな作品。朝の10分読書等、限られた時間など総てを読むことは難しい場合、全体の概要を少しお話して一番伝えたい場所、ご自身が面白いと思われた箇所をゆっくり読み聞かせなさればOK。ただし、必ず全部きちんと読んで、小学生の”容赦のない質問”に備えましょう!
カクレクマノミは大きいほうがお母さん (絵本・海の生きもの)カクレクマノミは大きいほうがお母さん (絵本・海の生きもの)
著者:鈴木 克美
販売元:あかね書房
(2010-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る