昨日は図書館の学校の「子どもの本この一年を振り返って2010」でした。毎年楽しみに参加しています。雪や新幹線のシステムトラブルやらで遠方の方は本当にたいへんな思いをして参加していらっしゃいました。

絵本・フィクション・ノンフィクション・YAとそれぞれに報告者の方が絞りに絞って2010年の各60点を紹介してくださいました。この間が結構ドキドキです。知らない本が沢山だったらどうしよう…。結果は、概ね及第(^^V。 情報として知っているもの、積ん読状態のもの、チラッと見てスルーしていたもの、多々ありですが。

気になった1冊です
ラノベの文学少女シリーズは何点か目を通しましたがこれは知りませんでした。買っちゃおうかなぁと思っています。
“文学少女”のグルメな図書ガイド“文学少女”のグルメな図書ガイド
販売元:エンターブレイン
(2010-04-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


本編はこれ。映画・コミックスにもなっていますし、かなりの巻数出ています。
高校3年生の主人公天野遠子は自称“文学少女”。彼女は、物語を読むのではなく食べるのです。次々文学作品が出てくるので、中高生のブックトークの導入に使うこともできるかと思います。(当然、本編も引用で紹介する文学作品もきちんと読んだうえのことです。)
“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
著者:野村 美月
販売元:エンターブレイン
(2006-04-28)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

YAの報告をしてくださった方は私立中高一貫校の専任司書。柔らかい口調と柔軟な考え方の素敵な女性でした。彼女いわく「子どもたちに媚びない選書を心がけ…でも少し媚びて?一冊づつ手渡しています」。そう、大切なのは手渡して反応を受けとめること。次のステップも見届けること。まさに人(専任司書)のいる図書館だからこそできる仕事ですね。カウンターに専任者がいない図書館では「媚びた選書」はそのまま「劣化」に繋がります。