昨年春から連載していた隔月刊の『3・4・5歳の保育』(小学館)のコラム&ブックレビュー(大人の本)が2月号で終了。春からは『小学技術』に戻って本の案内をします。(でも、『3・4・5歳の保育4月号』の特集は現在作業中。少し冒険します(^^)
3・4・5歳児の保育 2010年 02月号 [雑誌]3・4・5歳児の保育 2010年 02月号 [雑誌]

小学館 2010-01-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2月号コラム&ブックレビューより
たくさんの言葉のシャワーを 子どもたちに
寒さの中にも光の春を感じられる季節です。子どもたちも“ひとつ大きくなること”に希望を膨らませていることでしょう。あっという間の一年ですね。読み聞かせを通し、たくさんの良いものが子どもたちに届けられたことと思います。
幼年期の読書は耳からの読書です。絵本は大人に読んでもらうことが前提で、“お話を聞けること、楽しめること”を大切にします。読み聞かせで、たくさんの言葉のシャワーを子どもたちに注いでください。絵本には作家と編集者が磨きあげた美しい言葉がたくさん詰まっているのです。日常生活で子どもと交わす会話には、限りがあります。だからこそ、絵本を読むことで、子どもがたくさんの言葉と出会うチャンスを増やしてあげましょう。特に幼児期の絵本には擬態語・擬音語が豊富です。これらは50音の表音文字で表す日本語だからこそ、できる言葉です。例えば、今の季節にぴったりの『はなをくんくん(ルース・クラウン/さく マイク・シーモント/え きじまはじめ/訳 福音館書店)』の原書タイトルは『The Happy Day』。これを五感に訴えるタイトルに訳した詩人・木島始さんのセンスに脱帽ですね。簡単な英語ですのでチャンスがあったら全文を是非読みくらべてみてください。ロングセラーの秘密がまた少し、わかることと思います。
 5回にわたり読み聞かせや絵本についてお届けしました。何かひとつでも皆さまのヒントになれば幸いです。どうぞ、絵本を子どもと一緒に楽しんで、喜びや驚きの発見を感じてください。ワクワクした気持ちはやがて、充実や満足、自己肯定へと繋がることでしょう。
はなをくんくん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
はなをくんくん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)マーク・シーモント

おすすめ平均
starsみんな、うっふっふっ、わらう、わらう、おどりだす。
stars初春に絶対読みたい絵本
starsシンプル でも 素晴らしい
stars地味に見える本だけれど…
stars小さい春をみつけた!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

The Happy Day
The Happy DayMarc Simont

おすすめ平均
stars英語版がすごくイイ!
stars春の訪れ
stars本当に幸せな日は、

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


保育者と学生・親のための 乳児の絵本・保育課題絵本ガイド
 一年間に出版される絵本は約1500点。溢れる絵本のなかから、子どもたちの育ちに必要なものとして経験させたい「保育課題」に関する絵本は、意識しなければ日常保育に取り入れることが存外難しい。
本書は「いのち・からだ・びょうき」「しぜん・かがく」「世界の人々(異文化理解)」「障害のある人」「ことば・もじ・かず」などに代表されるテーマ絵本のリスト・解説・実践例などが数多く紹介された、実務者向きのガイドである。紹介された絵本の殆どが図書館にあるセレクトなのも嬉しい。
保育者と学生・親のための乳児の絵本・保育課題絵本ガイド
保育者と学生・親のための乳児の絵本・保育課題絵本ガイド福岡 貞子

おすすめ平均
stars一石四鳥!!楽しく充実した絵本ガイドブックです!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools