23日、麦秋の畑を見ながら新幹線で宇都宮まで。高等学校の先生へのお話で時間を頂くのは初めてなので少し緊張しました。
「ブックトークとその周辺」〜生徒に本を手渡すために〜1時間半。巻物からケータイまでの多様化する文学とヤングアダルトについて、児童書に見る子どもの変化、読書離れより恐ろしい読書知らずなど、今回はかなり私見の混じった講演でしたが後半はブックトーク。『夢をかなえて!』の高校生バージョンです。

以前ご紹介した小中学生バージョンに高校生対象用で加えた作品3点

体が震えるほどの感動を覚えたとき、大切な人にそれを伝えるにはどうしたらいい?それは、自分が変わること。自分が変わることで周囲を変えること。それが大切なのだ。
旅をする木 (文春文庫)
旅をする木 (文春文庫)星野 道夫

おすすめ平均
stars心にささやきかける殿堂入りの一冊
starsもう一つの時間
stars心を解きほぐす
stars読むととても落ち着きます
stars自分の好きな場所

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

自由の国アメリカで互いを大切に思う高校生。その距離は日に日に縮まりなす。ところが…エリーは白人マイアは黒人…周囲の視線は厳しく注ぎます。
あなたはそっとやってくる
あなたはそっとやってくるさくま ゆみこ

おすすめ平均
starsそれでも
stars切ない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

周囲の人と同じように暮らすことが夢でした。ケラーは自らを見せ物にしてでもそのことを世の中の人に伝えたかったのです。
奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝 (新潮文庫)
奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝 (新潮文庫)Helen Keller 小倉 慶郎

おすすめ平均
starsわかりやすく、奥深い!
stars珠玉作というにふさわしい
stars偉人伝ではない、生きたヘレンに出会える感動作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools