先週も朝日新聞にも大きな囲み記事で掲載され、ご存じの方も多いと思いますが、大阪府立国際児童文学館が存続の危機に晒されています。署名用紙は、「児童文学書評」でダウンロード可能です。ファックスでもOKですので指定先のひこ・田中さんあてお送りください。

なお、署名運動は上記児童文学評論に限らず、さまざまな子どもと本に関わる団体で行っています。どこでもかまいません。ご自身の得心できる場所でご署名ください。

もう一件
現在、横浜市立図書館が指定管理者委託制度導入に向けて動き出しています。上記大阪の件といい、じわりじわりと図書館環境は劣化の可能性を帯びてきました。過日はNHKの週間子どもニュースで民間委託化の成功事例として「建設の構想から運営まですべて委託にしたら、安くてカウンターも親切でいいことばかり」という報道が…
NHKですら問題意識が無いのですから、困ったものです。一方、静岡市など市民の手によって業務委託化凍結の動きもあり心強い思いも抱いています。